NextStage

2020.2.1

名古屋 新栄DIAMOND HALL / APOLLO BASE 他ライブハウス20会場以上にて開催

open: 12:00 / start: 13:00

adv: 4,300 yen

RAD CREATION presents "でらロックフェスティバル2020" powered by @FM

*1日券4,300円
*2日通し券7,500円
*チケット購入はe+(イープラス)から
https://eplus.jp/sf/detail/0264990001-P0030006?P6=001&P1=0402&P59=1

Stream

00:00
00:00

AUTO

Profile

asayake no ato

asayake no ato

Vocal,Guitar 神社宏行
Guitar 佐々山裕

先人たちが築いたエモやポストロック、ジャパンオルタナの系譜を受け継ぎつつ、緻密なアンサンブルと流麗なメロディセンスを兼ね備えたタフな楽曲を武器とする。また、Vo.神社の歌声はジャンルを超えて聴く者の心を震わせる。次世代ジャパニーズエモのフロントランナー。

2011年春、京都にて結成。
2014年10月、静岡・伊豆のインディペンデントレーベルFurther PlatonicからTOWER RECORDS限定single 「追想と未来」、同年11月1st mini album 「Memories」で初の全国盤リリース。
2016年8月、新レーベルJOHN TITORSから2nd single 「Climbers aim high」リリース。
ホームである京都GROWLYでレコ発企画2マンを開催(w/ cinema staff)、ソールドアウトを記録。
2017年4月、同レーベルから3rd single 「Close Game」リリース。
2017年10月、LikeShareにて限定シングル「NEXT PAGE」制作のためのクラウドファンディングを実施し、200%超えで達成。
ex.FACTのメンバーTomohiro氏とEiji氏をプロデューサーに迎え、都内レッドブルスタジオでの制作を行う。
2018年4月より、ライブ活動休止。
2018年12月、ライブ活動再開。初のワンマンライブを大阪 福島2nd LINEで開催。
同ライブを以て、Ba.中川博文とDr.森泉直貴が脱退。
2019年2月、サポートメンバーを迎え新体制での再スタートを切る。

Member



ページの先頭へ